豊島が初の名人に 佐藤に4連勝、3冠達成 – 毎日新聞

総合
スポンサーリンク
豊島が初の名人に 佐藤に4連勝、3冠達成 – 毎日新聞

福岡県飯塚市の麻生大浦荘で16日から行われた第77期名人戦七番勝負(毎日新聞社、朝日新聞社主催、大和証券グループ協賛)の第4局は17日午後8時59分、初挑戦の豊島将之王位(29)が佐藤天彦名人(31)に133手で勝ち、4連勝で初の名人位を獲得した。残り時間は豊島31分、佐藤1分。豊島は実力制名人戦が始まった1935年以来、14人目の名人となった。  豊島は愛知県一宮市出身。桐山清澄九段門下で、昨年棋聖と王位を相次いで獲得、名人が三つ目のタイトルになった。日本将棋連盟関西本部所属棋士の名人獲得は第55期の谷川浩司九段(十七世名人資格者)以来22期ぶりとなる。  4連覇を目指した佐藤は無冠となった。【山村英樹】  豊島将之新名人の話 自分なりに納得いく将棋で結果を出せたので良かったと思います。(4連勝は)実力以上のものが出たし、ツキがあったと思います。  佐藤天彦前名人の話 自分なりにベストを尽くしたが、実力不足でしょうがない。最少局数で終わってしまい、5局以降の対局場で待っている人や応援してくれる人に面目ないと感じている。

コメント

勝負動画まとめアンテナ