動画で見る最強将棋棋士伝説

現在の将棋棋士最強は誰なのか。現役棋士別に対局、解説、棋譜並べ、ニュース動画をまとめ、その答えを導き出して行きます。

カテゴリー:田中寅彦

田中 寅彦(たなか とらひこ、1957年4月29日 – )は、将棋棋士。

高柳敏夫名誉九段門下。大阪府豊中市出身。棋士番号127。

棋聖のタイトルを獲得。竜王戦1組通算9期。順位戦A級通算6期。

日本将棋連盟理事(2005年5月 – 2009年5月、2011年5月 – 2013年6月)。

2012年12月に当時専務理事であった谷川浩司の会長就任に伴い、日本将棋連盟専務理事となった。

棋風

◎独創的な序盤戦術により作戦勝ちを収めることが多く、「序盤のエジソン」の異名を持つ。

◎「居飛車穴熊」で囲いの固さ重視、「飛車先不突矢倉戦法」では展開のスピード重視である現代の序盤戦術の基礎に大いに貢献した。

◎さらには昔は素人将棋とされたウソ矢倉を、後手番での矢倉の斬新な組み方「無理矢理矢倉」としてプロの間で通用する序盤戦術にするなど、現代将棋に与えた影響は大きい。

◎それ以外にも、藤井システム対策の串カツ囲いなど積極的に序盤戦術を開拓していった。

◎「居飛車穴熊戦法」の元祖として知られるが、アマチュア強豪の大木和博から訴えられた。

◎史実では、1968年の第27期名人戦第2局で先手番の升田幸三が居飛車穴熊のコンセプトを後手番の大山康晴の四間飛車相手に実践していた。

しかし実際に、居飛車穴熊を現代戦法として再編・体系づけてプロ棋士の間に大流行させて本格的な対振り飛車攻略として定着させたのは田中の功績である。

◎終盤の弱さが短所で、序盤も終盤も両方強い羽生世代の隆盛以降は戦績が振るわなくなった面は否めないが、20世紀の将棋の序盤戦術に革新性をもたらし、現代将棋の発展に貢献した。

◎羽生善治は若手棋士だった時代に、日経新聞の「19歳の挑戦」という記事に「田中寅彦八段(当時)の序盤は実に巧みで、私にはない感覚といつも感服させられる。(中略) 序盤の研究は急務と思っている。」と述べていた。研究将棋に対する熱意や真摯な取り組みといった面で、羽生世代へ与えた影響も少なくない。