動画で見る最強将棋棋士伝説

現在の将棋棋士最強は誰なのか。現役棋士別に対局、解説、棋譜並べ、ニュース動画をまとめ、その答えを導き出して行きます。

カテゴリー:青野照市

青野 照市(あおの てるいち、1953年1月31日 – )は、将棋棋士。

廣津久雄九段門下。棋士番号は114。静岡県焼津市出身。

竜王戦1組通算6期、順位戦A級通算11期。

棋風

◎弟子に西尾明、八代弥及び安食総子(女流棋士)がいる。

◎1997年10月27日、竜王戦2組・対中川大輔戦で僅か33手で敗れる。しかも逆転負けという非常に珍しい将棋であった。

◎村山聖の最後の順位戦の相手。これに敗北した際、降級を覚悟したが、ライバルも負けたため降級を回避した。その後村山は休場しそのまま逝去。A級に上がっても将棋を指せない人がいることを知り、降級に怯える自分が情けなくなり、若手との対局を楽しもうと考えを変えてから成績が良くなり、その後のA級復帰の原動力となった。

◎2003年度のNHK杯テレビ将棋トーナメントで女流棋士の中井広恵に敗れた。現役A級棋士が女流棋士に負けた初の事例となった。

◎奨励会時代に反則負けの直後の一局で後手にも関わらず先に指してしまい初手反則負け、2局連続どころか2手連続での反則負けという不滅の記録(本人談)を打ち立てたことを自著で述べている。