動画で見る最強将棋棋士伝説

現在の将棋棋士最強は誰なのか。現役棋士別に対局、解説、棋譜並べ、ニュース動画をまとめ、その答えを導き出して行きます。

カテゴリー:糸谷哲郎

糸谷 哲郎(いとだに てつろう、1988年10月5日 – ) は、将棋棋士。森信雄門下。棋士番号は260。広島県広島市西区出身。
広島市立井口台小学校を経て2007年3月広島学院高等学校卒業。大阪大学文学部卒業。同大学院文学研究科修了。

棋風

◎プロ入り後の2006年5月1日のデビュー戦(第78期棋聖戦)で橋本崇載に勝つ。終局直後に橋本が「強すぎる。怪物だ!」と叫んだことから、ニックネームは「怪物」「怪物くん」。一部のファンの間では「ダニー(先生)」という愛称も使われる。

◎奨励会に在籍していた時期、幹事だった畠山鎮から「奨励会員の中でこんなに叱った子はいない」と述懐するくらい、厳しく礼儀作法を教わった。棋士になってからも二人は交流があり、糸谷のいない席においても畠山はよく彼の話題を口にする(将棋世界の関西若手の特集等においては、しばしば糸谷の才能を評価している旨の発言をする、また第23期竜王戦決勝トーナメント久保利明対郷田真隆戦において、控え室で検討していた畠山が「居飛車が苦しいです」と発言したところ記者に「断言ですか?」と訊かれ、「文句があるならかかってこい、糸谷!!!!」と何故かその場にいない糸谷の名前を口にした。

◎TCGのマジック:ザ・ギャザリング(MtG)を嗜んでおり、2010年の日本選手権ではベスト16に入るほどの腕前を持つ。2015年にはベルギーのブリュッセルで開催されるプロツアー「タルキール龍紀伝」(世界大会)に特別枠で招待された。将棋とMtGについて「対人ゲームとして共通する部分は多い」といい、「相手の行動を読んで、基礎を覚えれば、相手をミスに追い込める。最終的に『相手をミスに追い込む』というのが対人ゲーム」と語っている。